睡眠不足の影響

睡眠不足の影響

健康の為にと、約一年、早起きする事が習慣となっていましたが、
季節が変わり、早起きする事が辛く感じる様になってきました。
就寝時間も遅く、爽やかに目覚める事は出来ず、目覚ましをセットしていても、
一度、切り、二度寝をしてしまう始末です。
気付けば目の下にはクマが出来、完全にお疲れ顔。そして、異常なまでの食事量。
睡眠不足からの影響なのか、食事量のコントロールが出来なくなり、
”今なら、ご飯3合なら余裕で食べる事が出来る!”と思うまでになっていました。
肥満になるのが嫌だったので、運動もしてはいましたが、追い付かない状況で、結局、体重増加となってしまいました。
このままの食事量では健康を損なう恐れが出てきた為に、
以前の様に、なるべく睡眠時間を確保する様に生活リズムを変えました。
そんな生活へ変えたところ、起床時の身体の気怠さが無くなり、
比較的スッキリと目覚める事が出来、目覚ましが鳴れば一度切り、二度寝するような事は無くなりました。
異常なまでの食事量は、日にもよりますが、少しづつ抑える事が出来始めました。
そして、どうしても食べたい時は無理をせず、気が済むまで食べる様にしています。
無理に我慢し過ぎると、かえってストレスを溜め込み、今まで以上のドカ食いをする様になりそうな気がするので。
食事量は多いですが、偏った食生活にならない様、栄養バランスを考えながら食事を摂取する様に心掛けています。

睡眠不足を解消し、栄養バランスの整った食事をし、
身体が正常な状態に戻れば自然と食事量も整い、体重も減量してくるのではないのだろうかと思っています。
睡眠時間の確保と栄養バランスの整った食生活は、健康な身体への影響と密接に関係している事を実感しています。
24時間のうち、7〜8時間は睡眠時間に充てようと改めて思いました。